what's capoeira?!

Capoeira(カポエイラ)とは、ブラジルで生まれた伝統的な格闘技であり、武道のひとつ。16世紀頃、アフリカから奴隷として連れて来られた黒人たちが農園主の虐待に抵抗する手段として身につけた護身術である。

独特なリズムを持っており、その動く様はまるで踊っているかのように見える。
相手を傷つけるのが目的ではなく、Birimbau(ビリンバウ)という弦楽器や、Atabaque(アタバキ)、Pandelro(パンディエロ)という打楽器を演奏しながら陽気に歌い、Roda(ホーダ)という円の中に入った二人が、蹴り主体の技を披露して行く。この事をJogo(ジョーゴ)と呼びJogoをしている間は常に相手に対する尊敬の念がある。決してむやみに相手を攻撃したりせず、あくまで二人の間に出来る世界を表現する。

この様にCapoeira(カポエイラ)とは、格闘技とはいえ芸術性を多分に含み、時には遊びも冗談もある、唯一無二のスポーツである。

現在Capoeira(カポエイラ)には2つのスタイルがあり、ゆっくりとしたテンポに合わせるAngola(アンゴーラ)と、スピーディーなテンポに合わせるRegional(ヘジョナウ)がある。

衣装は基本的に白の上下。Capoeira(カポエイラ)をする人をカポエリスタと呼び、白い衣装を全く汚さないカポエリスタ程優秀とされる。

what's batizado?!

Batizado(バチザード)とは、日本の空手や柔道と同じように階級を表す帯を取得する昇段式の事である。
帯はCordaoes(コルダオン)といい、緑からスタートし最終的には師範を表すMestre(メストレ)の白になる。基本的には年に一度昇段式を行う。